Nittoのランプホルダー当初、GW前後の納車が見込まれていたNewバイクですが、なかなか上がってきません。

塗装屋さんが相当混雑しているのだとか。

そんなわけで来るべき納車の日に向けて、いろいろと小物を揃えておりました。
地味なものばかりです。

← たとえばこんなのとか。
日東のランプホルダーです。


実はだいぶ前のことになりますが...4月の下旬ごろのこと。

ツーリングの帰りにハイエースを運転していたらショップから入電。
「フレームが完成しましたー」とのこと。

オーダーの際に
「今回は記録を残したいので、フレームが上がってきたら何枚か写真を撮っておいていただけますか?」

とお願いをしていたのですが、なんと京都E.B.Sの工房から出来立てホヤホヤの画像がメールで届きました。
工房の方にも撮影をお願いしていただいたみたい。

全体像。
Newバイクのフレームが完成


海辺でのキャンプトランポとしてハイエースを導入したわけですが、今シーズンからやろうと考えていることがあります。

それはオートキャンプ+ツーリング というスタイルです。


これまで遠征ツーリングではホテルや旅館に宿泊しながらのツーリングをやってきましたが、宿泊施設によっていろいろと制約を受けることも多く、不便に感じることが多々ありました。

たとえばチェックインの締め切り時間が早い、朝早く出たいのに朝食の時間が遅い、ペットの留守番のことなど。

オートキャンプ+ツーリングというスタイルだと、こうした点がいろいろ改善されるのではないかと考えました。

キャンプをしたり車中泊をするためには、いろいろと装備を揃える必要がありましたので、私たちのキャンプの方向性をある程度定めて、モノを揃えていきました。


セキュリティの警戒モード今回トランポとしてハイエースを導入したわけですが、かなり不安要素が。

外国人自動車窃盗団の人気ランキングで常に上位に入っているという事実。
20万キロ、30万キロ平気で走る耐久性が海外でウケているため、盗まれてバラされて船で国外に持って行かれてしまうみたいです。
そして自動車盗難の都道府県ランキングで常に上位の千葉県。

この状況はかなり危険といえます。

なんちゃってセキュリティだとあっさり持っていかれてしまうでしょう。
ということで、納車されたらできるだけ早いタイミングでちゃんとしたセキュリティを導入したい、と考えておりました。

それまでのとりあえずの対策として...


フレームオーダー今回のスポルティフでは細かいところも拘ってみました。
傍から見ると自己満足でしかありませんが、愛着が変わってくるポイントだと思ってるので、私にとってはこれも大事なところです。


いろいろとショップをまわったり夜な夜なネットや本を調べながら検討を重ねてきたわけですが...

ついに決まりました。

クロモリ・フレームをカスタムオーダーすることにしました。
要件を詰めていくとオーダーでないと対応できないことがいろいろありすぎました。

逆にオーダーなので、やりたいことはほぼ全部詰め込むことができそう。
てことで正式発注に向け、詳細なパーツ構成や加工の要件といった細かいところまで詰めて資料にまとめました。


クロモリバイクの勉強クロモリのロード/スポルティーフの構想がいよいよ動きだしました。

が、いろいろと予備知識が足りてませんので、下調べです。

とりあえずクロモリバイクの勉強ということで本屋さんでムック本を購入して勉強から。


トランポを作りたい(2)

ジャパンキャンピングカーエキスポ2016幕張メッセの「ジャパンキャンピングカーショー2016」を観にいって、だいぶイメージの湧いてきた私たち。

iPadで調べてみると、千葉の国道16号線沿いにはハイエースのプロショップがたくさんあるみたい。
鉄は熱いうちに...といいますか、勢いのあるうちにハイエースの中古市場を調べてみることにしました。
キャンピングカーショーの翌日のハナシです。


お気に入りの普段使い用ミニベロ「E.B.S Float451R」。

納車から半年が過ぎました。
拘ってカスタムオーダーしただけあって、とても満足度の高い自転車です。

この自転車は大切に長く乗っていきたいと考えており、何段階かに分けてカスタム計画を考えています。

その第1弾が今回のホイールの軽量化です。


しまなみツーリングの書籍今回のしまなみツーリングは、1ヶ月前ぐらいから計画を練りはじめました。

計画にあたって、しまなみに関する書籍を購入したり、過去に購入したツーリングの雑誌からしまなみの記事をピックアップしてみたり、いろんなWebサイトを検索したり...

いろいろ調べた中でその際に役立った情報ソースをご紹介します。


IMG_0599_550_2.jpgしまなみツーリング4日目。
この日は、大三島~大島へ! と思ってたのですが、宿にこんなポスターが張られているのを発見。
土日はサイクルイベントがあるようで、しまなみは人が多そう。

ということで、今回のしまなみツーリングはこれにて終了とし、残りの島々は次回のお楽しみに取っておくことにしました。


しまなみツーリングDay3しまなみツーリング3日目。
この日の行程は、生口島はスキップして大三島~伯方島をツーリングすることに。

クルマで大三島に渡り、「道の駅・多々羅しまなみ公園」にクルマを停めてツーリングスタート。
なんとこの日も雲ひとつない晴天。
ここまで晴天続きだとバチがあたりそうな気さえしてきました。


しまなみ海道ツーリングDay2 因島しまなみツーリング2日目。
この日は因島を起点に、弓削島~佐島~生名島の小島をめぐる「ゆめしま海道」をツーリングすることに。

朝早くクルマで因島に渡り、因島大橋記念公園の駐車場にクルマを停め、ツーリングの準備。


憧れのしまなみ海道ツーリング今年の秋に何としても行きたかった場所、憧れの「しまなみ海道」。
ついにランドナーで走ってきました。

実はこのツーリングは10/21-24のことなんですが、あまりの素晴らしさにしばらくボーッとしてしまい、ブログにまとめるのも遅くなってしまいました。
ずるずる遅くなってしまいそうだったので、写真中心に記録を残していきます。


カーボンモノコックのMTBフレームを入手8月のある日、とある筋からカーボンモノコックのMTBフレームを譲っていただきました。

有名どころの自転車メーカーのカーボンフレームを製造している、とある工場から流れてきたものだとか。

2000年前後に製造された古いフレームですが、モノはいいよ!とのこと。
せっかくいいブツが手に入ったので、イマドキパーツで再生してみることにしました。

とはいえ...